世界貿易センタービル眼科

網膜剥離

網膜剥離とは、網膜が網膜色素上皮(もうまくしきそじょうひ)から分離し、網膜の下に水がたまる病気です。おおまかに裂孔原性網膜剥離と非裂孔原性網膜剥離に分けられます。
裂孔原性網膜剥離は網膜に孔(あな)があき、そこから網膜の下に水が入って起こる病気です。
剥離した網膜は徐々に機能を失っていくので、放置すれば失明に至る病気です。
そのため、以前は恐ろしい病気というイメージもありましたが、最近では手術でほとんど治るようになっています。

裂孔原性網膜剥離の原因は、網膜に孔があくことですが、裂孔は何の理由もなしにできるわけではなく、しかるべき前状態ないし原因があります。
たいていの場合、網膜裂孔が起こりやすい場所を元々もっている人に網膜裂孔は起こり、そして網膜剥離に至ります。前状態のなかで最も多いのは格子状変性と呼ばれるものです。
網膜剥離自体は、眼底検査で容易に診断できます。
網膜剥離の検査では、原因となった網膜裂孔をさがし出すことがとくに重要です。
網膜裂孔は眼底の周辺部に起こりやすいので、周辺部は慎重に検査する必要があります。
硝子体出血や白内障などで眼底が見えないこともありますが、その場合は超音波検査、網膜電図検査で網膜剥離の有無を判断します。

ほとんどの場合は手術が必要です。
最近では、徐々に硝子体手術の割合が増えてきています。
網膜剥離がこじれた状態である増殖硝子体網膜症、黄斑円孔による網膜剥離、巨大裂孔による網膜剥離などでは硝子体手術が主に行われます。
軽い網膜剥離では網膜光凝固術で治療することもあります。

網膜剥離の治療は急を要することが多いので、すみやかに眼科医に診てもらう必要があります。

糖尿病性網膜症

糖尿病は身体のエネルギー源となる血液中のブドウ糖(血糖)が過剰となった状態です。血糖が高いと血液に粘りが生じ、それが身体のあちこちの血管にも影響を与え、やがて血管がボロボロになります。糖尿病はいわば血管の病気ともいえます。 一方、目の中の網膜には光を感じる細胞がたくさん集まっており、それだけ血管が豊富な部分です。糖尿病では、この網膜の血管にも影響を及ぼします。網膜の小さな血管が詰まりやすくなり、その結果酸素や栄養が送れなくなって網膜が栄養不足になったり、また血管自体が破れたりして網膜に悪影響を及ぼすのです。 最初は網膜の中の毛細血管が硬くなり、こぶのように膨らんだり、傷つきます。そのため血液の流れが悪くなり、その結果、にじむように出血したり血液の成分が漏れたりします。
さらに病状が進むと、硬くなった血管が詰まって、出血もより起こりやすくなります。
また、血管が詰まって、網膜は白い斑点として見えます。
網膜に水がたまり、むくみ(浮種)を生じるようにもなります。
網膜のなかで最も大事な黄斑部に浮種が出てくると、視力が低下することがありますが、症状が目立たずに気づかれないことの方が多いです。

最終的には血管が詰まった結果、血液を送るための別のルートを作ろうとして、本来見られない部位(硝子体など)に新しい血管を作ります。
この血管はもろく破れやすいので、すぐに出血を起こします。(硝子体出血)破れた血管のあとからは、本来なかった新しい組織が増殖してきます。
これが引き連れを起こしたように網膜を引っ張り、そのせいで網膜が眼球の壁から剥がれるようになります。(網膜剥離)この段階では網膜剥離が黄斑部に及ぶと視力が急に悪くなるので、すぐに気が付きますが、症状としてはかなり進行しており、やがて失明することもあります。

糖尿病網膜症で問題となるのは放置しておくと、失明する恐れがあることです。
それを防ぐためにはできるだけ、早期の発見と治療が必要です。
糖尿病であれば、必ず眼科の検査を受けましょう。
また、糖尿病と診断されている人で、もしこのような症状がある時は、すぐに眼科医の診察を受けましょう。

動脈硬化性網膜症

高血圧が何年も続くと動脈がしだいに弾力を失い、血管壁の性質が変化して厚くなります。これが動脈硬化ですが、全身性の動脈硬化症にともなって、この病変が網膜動脈におこったものです。
高血圧性眼底(高血圧性網膜症)が現在の血圧の高さを示しているのに対し、網膜動脈硬化症は、長年にわたって高血圧が続いてきたことを現わしています。
網膜動脈は眼底検査によって体外から詳しく調べられる血管で、その変化の程度から、全身の動脈におこっている硬化の度合いを推測できます。
したがって、網膜動脈の硬化の具合が内科治療の目安ともなります。
自覚症状はまずありません。
むしろ、内科で高血圧の治療を受けている人が、眼底検査のために眼科を受診して、初めて網膜動脈硬化症を指摘されることがよくあります。
健康な人の眼底の動脈と静脈はその血管壁が透明なため、眼底検査を行なうと、流れる血液の色が見えます。
動脈血は静脈血より赤いため、容易に見分けられます。
眼底の動脈と静脈は、ところどころで交差しています。
ところが、網膜動脈が硬化すると、コレステロールなどの沈着により、動脈の壁が厚くなります。
そうすると、動脈の下で交差している静脈の血管が、ちょうど途中でさえぎられたように見えます。
これを交叉現象といい、動脈硬化を示す重要な特徴となります。
また、硬化が進んだ動脈の壁は透明性を失い、白く濁って見えます。
ときには銅線や銀線のように見えることもあります。
この病気のために視力が低下することはほとんどありませんが、網膜静脈分枝閉塞症や網膜中心静脈閉塞症などの網膜の血管閉塞性病変の前段階、あるいは全身の動脈硬化が進行している証拠で、脳梗塞などの全身疾患の前段階ともいえ、安心はできません。
この病気は高血圧によるものですから、まず内科で高血圧の治療を受ける必要があります。
初期のうちに治療を受ければ、悪化せずにすみます。
薬だけでなく、食事をはじめとした生活についても医師の指導・注意をよく守り、定期的に眼底検査を受けるようにします。

高血圧性網膜症(高血圧性眼底)

血圧が高くなると、その影響で網膜の出血や綿花様白斑などのさまざまな病変が生じます。
これが高血圧性眼底または高血圧性網膜症と呼ばれる病気です。
目に異常を感じることは少ないのですが、眼底検査を行なうと、網膜に高血圧の程度によってさまざまな変化がみられます。
眼底検査は直接に目の血管のようすが観察できるため、体内の血管にどのような変化がおこっているかを知るうえで、非常に大切なものです。
高血圧性網膜症では、動脈がけいれんしているために、網膜の動脈のところどころが細くなったり、あるいは全体に細くなったりしている変化がよくみられます。
さらに病状が進むと、網膜の出血や綿花様白斑、浮腫による濁りなどが現われます。
そのうちでも、とくに綿花様白斑は高血圧性眼底が進んだことを示す重要な所見です。
さらに高血圧症がもっとも悪化した場合には、視神経乳頭(眼底のほぼ中央にある、網膜の神経と血管が集まっていて脳につながっているところ)が腫れ上がって、乳頭浮腫を生じます。

内科的な高血圧の治療が、目の治療になります。
眼科で定期的に眼底検査を受けるとともに、内科では高血圧症の治療を受けます。
この病気は、放置しておくと動脈が弾力を失い、血管壁が変化する網膜動脈硬化症に進行します。
できるだけ早く発見し、早期に医師の治療を受けることが大切です。
高血圧症の治療には、食事の注意をはじめ、気長に養生することが大切です。
また、とくにからだに異常を感じなくとも、毎年定期的に健康診断を受けることが病状悪化の予防につながります。

視力低下

視力低下の原因は一つではありません。
近視には近視になる原因、遠視には遠視になる原因などがあります。
老化に伴って出るものもあれば、角膜や網膜の異常からくるもの、病原菌の感染が原因のもの、他の病気の合併症からくるものなど、実にさまざまです。
直筋が緊張状態に陥ると遠視に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を引き起こします。
近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。
また、眼に悪い習慣 や慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事、そのほか神経をいらだたせる出来事などの理由で、眼を動かす筋肉を緊張させます。
眼筋の緊張が視力低下の原因 になります。

また、ひじを突いて本を読んだり、寝転んでテレビを見たりすると、見ているものへの距離が左目と右目に差が生じて、視力に左右差が現われます。
斜視になると、片方の眼ばかり使うことになるので、ますます視力低下が進行します。
視力が低下し始めたら、悪い生活習慣を改善し、眼に安らぎを与えてあげましょう。
  • ごあいさつ
    ごあいさつ

    2013年2月4日(月)港区浜松町(浜松町駅・大門駅直通)にて、野上眼科を継承し、 「世界貿易センタービル眼科」を開院いたしました。 当院は、身近な眼の病気やお困り事をいつでもお気軽に相談して頂ける、 そんな街のホームドクターでありたいと考えております。
    ごあいさつへ

  • コンタクトレンズ処方
    コンタクトレンズの処方

    コンタクトレンズが高度管理医療機器というものに指定されていることをご存知ですか?
    コンタクトレンズは医療機器であって、副作用や機能の障害を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものです。
    コンタクトレンズ処方へ

  • 目の病気Q&A
    目の病気Q&A

    世界貿易センタービル眼科に寄せられた、ご質問です
    何か気になることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
    目の病気Q&A

  • 医院案内

    地図

    世界貿易センタービル眼科
    〒105-6114
    東京都港区浜松町2-4-1-14F
    浜松町駅 大門駅から徒歩0分
    御成門駅より徒歩15分
    TEL 03-3435-5712
    医院概要へ

  • 診療時間

    アクセス

    午前:月~金 10:00~12:30
    (最終受付12:30)
    午後:月~金 14:30~17:30
    (最終受付17:30)
    休診日 土・日・祝日