世界貿易センタービル眼科

加齢性黄斑部変性症

加齢性黄斑部変性症(かれいおうはんへんせいしょう)とは、加齢に伴う変化によって起こる疾患で、高齢者の失明原因の一つです。
黄斑は物を見るための重要な部分で、黄斑部が傷んでしまうと、物が歪んで見えたり、視力が著しく低下したり、最悪は失明してしまうこともあります。
欧米ではすでに多い病気であり、日本は比較的少ないと考えられていましたが、最近では生活の欧米化などにより最近は増加しています。
自覚症状がでてからでは治療がむずかしくなったり、障害が残ってしまう場合も少なくありません。50歳前後に一度は、眼科での検査をおすすめします。

加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があり、それぞれ原因が違います。
「萎縮型」は、黄斑の組織が加齢とともに萎縮する現象です。症状はゆっくりと進行し、急激に視力が低下することはありません。
「滲出型」では、網膜のすぐ下に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。
新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすいという特徴があります。
この血管から出た液体が黄斑 の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こすのです。

黄斑が変化すると、モノがゆがんで見える、視野の中心が暗くなる・欠ける、視力が低下するなどの症状が出ます。
加齢黄斑変性は、糖尿病網膜症、緑内障とともに、失明を引き起こす病気として注意が必要です。

後部硝子体剥離

後部硝子体剥離とは目の内部を満たす硝子体は若い頃は、通常透明なゼリー状です。
この硝子体が加齢とともに変質し、繊維状の物質や濁りなどが生じてゼリー状から液状へと変化します。
このため硝子体の中で水の塊ができ、これが巨大化すると硝子体が後部の網膜との接触部分から離れます。
これを後部硝子体剥離と言います。剥離した際に後部硝子体膜がよじれたり、混濁をおこすと飛蚊症になることがあります。
後部硝子体剥離の主な症状後部硝子体剥離が起こると、飛蚊症になることがあります。
飛蚊症とは、明るいところや、白っぽい壁を見た時に、眼の前に黒い点や糸くずのようなものが、ふわふわ動いて見える症状です。
眼の前に蚊が飛んでいるように見えることからこの名前がついています。
眼を動かすと、硝子体の中のにごりもゆらゆら動き、それに伴って瞳孔から入ってきた光でできるにごりの影も揺れ動きます。そのため眼を動かすたびに、浮遊物が飛んでいるように見えます。
後部硝子体剥離の時は、もともと視神経乳頭の周囲にあたる丸い輪の形をした硝子体のにごりが網膜の近くに浮かぶことになり、これが影を落として飛蚊症として自覚されます。
また、後部硝子体剥離が起こる時に、網膜と硝子体のくっつきが強い部分の網膜を引っ張り、この刺激が光刺激として脳に伝わると、「ピカピカ光っているものが見える」「稲妻が走っている」などの、光視症と呼ばれる症状が現れることもあります。

鼻涙管閉塞症

泣くと鼻水が出たり、目薬をさした後にのどが苦くなったりしたことを経験した方も多いと思いますが、目と鼻やのどは管(くだ)でつながっています。
上下のまぶたの内側に涙点という小さな穴がありますが、そこから涙小管、涙のう、鼻涙管を経て鼻につながっています。この鼻涙管が狭くなったり閉じたりすると、涙が目にたくさん溜まります。
涙が目の外に流れる、涙目になると訴えられる方は、この鼻涙管狭窄症や鼻涙管閉塞症の可能性が高いです。
涙管通水・通色素検査によって確認しますが、狭窄しているあるいは閉塞していることが明らかになると鼻涙管に特殊な針金(ブジー)を入れて、つまった部分を拡張します。
多くの場合はこの治療で良くなりますが、改善しない場合には目から鼻までしばらくの間、特殊なチューブを入れておく治療や、鼻の骨に穴を開けてバイパスを造る治療を行うこともあります。
涙のうに炎症が起こると涙のう炎といって、膿が目の方に逆流して、結膜やまぶたにも炎症を起こすことがあります。

また、赤ちゃんが生後間もなくからずっと涙と目やにが出る場合は、先天性の鼻涙管閉塞症のことが多いです。
生まれつき鼻涙管の鼻への出口に膜が張っているために起こる疾患です。
小児科などで処方された目薬をさしても治りません。
涙の通り道を皮ふの上からマッサージすることで自然に治る赤ちゃんもいますが、生後3ヶ月頃までに改善しなければ上述した針金(ブジー)でこの膜を破ります。

結膜結石

慢性の結膜炎があるために、結膜の中で分泌物が固まり黄色い小石のようになった状態が結膜結石です。
これが結膜表層に露出してくると、異物感や眼痛や目のしぶみが出現します。
露出した結石は自然に(また、洗眼や点眼などによって)結膜から脱落することもありますが、2~3日様子をみて良くならなければ、もはや露出した結石を取る以外に良くする方法はありません。
手術は外来で、通常5分程度で終わります。結石を除去すれば、90%以上良くなります。

しかし、結膜結石は除去しても、次々と発生してくるものですので、また症状あらわれる場合はまた露出した結石を摘出しなければなりません。
根本的な治療は、元にある慢性結膜炎を治すことですが、その原因は感染・アレルギー・ドライアイなど多岐にわたり、特定されないことも多く長期の点眼加療が必要です。
時に慢性の結膜炎というよりも、結石ができやすい体質と推定される患者様もいます。

その場合には、眼科治療のすべての基本である、”目は押さない、擦らない、触らない、何も入れない”という原則に立ち返り、点眼せずに、気長に体質が自律改善されるのを待ちます。

麦粒腫(ものもらい)

麦粒腫(ものもらい)は、まぶたの脂腺(しせん)や汗腺(かんせん)の急性化膿性炎症で、原因菌は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が多くを占めます。

基本的な症状は眼瞼の「限局的」な発赤、腫脹、疼痛です。
初期には痒みや、瞬きをすると少し違和感がある程度ですが、徐々に炎症が強くなりメヤニとともに眼瞼の限局的な発赤、腫脹、疼痛が出現してきます。
眼瞼 の裏側の結膜にも充血がみられ、炎症の波及により眼球結膜にも浮腫や充血が見られる場合もあります。
内麦粒腫のほうが、腫脹や疼痛が強い傾向が見られ、時 には瞼全体が赤く腫れて目が半分しか開けられなくなることもあります。
多くの場合、外麦粒腫では眼瞼の皮膚面に、内麦粒腫では眼瞼の内側(結膜面)に膿をもった点(膿点)ができ、それが破れて膿が出てしまうと徐々に治癒していきます。
急性霰粒腫、ヘルペス性眼瞼炎、マイボーム腺梗塞、眼瞼炎などの疾患との鑑別が必要になります。
なかでも急性霰粒腫はマイボーム腺に生じる慢性肉芽腫性 炎症(霰粒種)に感染を合併したもので、眼瞼の限局的な疼痛、発赤、腫脹が生じます。
そのため外見、症状のみでは内麦粒腫との鑑別は困難な場合も多く、切 開するまで判別できないこともあります。

抗生剤の点眼だけで治る場合もありますが、はれがひどい場合は抗生剤や消炎薬を内服すると、普通数日で治ります。膿点が存在すれば麻酔液を点眼し、針で突いてうみを出します。
  • ごあいさつ
    ごあいさつ

    2013年2月4日(月)港区浜松町(浜松町駅・大門駅直通)にて、野上眼科を継承し、 「世界貿易センタービル眼科」を開院いたしました。 当院は、身近な眼の病気やお困り事をいつでもお気軽に相談して頂ける、 そんな街のホームドクターでありたいと考えております。
    ごあいさつへ

  • コンタクトレンズ処方
    コンタクトレンズの処方

    コンタクトレンズが高度管理医療機器というものに指定されていることをご存知ですか?
    コンタクトレンズは医療機器であって、副作用や機能の障害を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものです。
    コンタクトレンズ処方へ

  • 目の病気Q&A
    目の病気Q&A

    世界貿易センタービル眼科に寄せられた、ご質問です
    何か気になることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
    目の病気Q&A

  • 医院案内

    地図

    世界貿易センタービル眼科
    〒105-6114
    東京都港区浜松町2-4-1-14F
    浜松町駅 大門駅から徒歩0分
    御成門駅より徒歩15分
    TEL 03-3435-5712
    医院概要へ

  • 診療時間

    アクセス

    午前:月~金 10:00~12:30
    (最終受付12:30)
    午後:月~金 14:30~17:30
    (最終受付17:30)
    休診日 土・日・祝日