世界貿易センタービル眼科

白内障

白内障とは、目の水晶体が濁り、視界がかすむ、視野が狭くなった、視力低下などを引き起こす病気です。
白く濁るので白内障といわれていますが、茶色く濁ったりする場合もあります。
白内障の主な原因は加齢によるもので、40歳くらいから発症することもあります。
また、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として白内障になるケースも見られます。
白内障は、眼の充血・出血や、痛みなど症状が出ないため、見え方に自覚症状がでた時にはかなり進行してしまっているケースが多くあります。
そのままにしておくと、失明してしまうこともありますので、異常を感じたら早めに検査をすることが大切です。

現在、国内では数種類の白内障治療薬が使われています。それらは白内障を治すも のではありませんが、進行を抑える作用はあります。水晶体に発生した濁りは、薬では取り除くことができません。
ですから治療は、手術で濁った水晶体を取り 出してしまうことが、根本的な手段となります。
白内障の初期なら、ちょっとした工夫で症状を改善することができます。
例えば、まぶしさ はサングラスをかければよく、近視が進めばメガネなどで矯正すればよいのです。
しかし、白内障がさらに進行してメガネが役にたたなくなったり、生活上不便 だと感じることが多くなってきたら、早めに手術を受けたほうがよいでしょう。
いつ手術を受けるかは、「その人が不便だと感じたときが手術を受ける時期」と考えて問題ありません。それほど安全な手術です。

緑内障

緑内障とは、視神経が圧迫され視野が狭くなったり、部分的にみえなくなってしまう病気です。
40歳以上の日本人の5%、20人に1人が緑内障といわれており、失明の原因の1,2位にランクインされるほど重症化する病気です。
視神経の障害はゆっくりとおこり、視野も少しづつ狭くなって行くため、目に異常を感じることはありません。
一度障害を受けた視神経は回復することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気とされています。
しかし、緑内障になったとしても、医師の指示通りに点眼など薬物治療を続ければ進行を抑えることができます。

急性緑内障の治療では、手術が第一に選択されますが、患者さんの大多数を占める 慢性緑内障で視野異常が進行していない場合は、まず薬による治療から始めます。
大きく分けて6種類の緑内障治療薬があり、緑内障のタイプ、眼圧の高さ、視 野異常の重症度などにあわせて処方されます。

薬では眼圧が十分に下がらなかったり、視野異常の進行が止まらない場合は、レーザー治療や手術治療が行われます。
レーザー治療はレーザー光を当てて房水の産生機能を抑えたり、隅角から房水が流れやすくなるようにします。
外来で短時間のうちに安全にできます。 手術治療は房水の流出経路を新たに設ける手術です。
手術後に若干視力が下がることがありますが、眼圧は十分に下げることができます。

結膜炎

眼球とまぶたの間には、ピッタリと癒着〈ゆちゃく〉はせず、それでいて外部と眼球内部を隔てる仕組みになっています。
その仕組みの役割を担っているのが、まぶたの裏側と眼球前方の表面を結びつないでいる薄い膜「結膜」です。
この結膜に炎症が起きるのが結膜炎です。 結膜は、まぶたを開いている間ずっと外部にさらされていて、とても刺激を受けやすい部位です。
また結膜はその仕組みから、まぶたによって袋のような構造 になっていて、異物が溜まりやすい状態にあります。
さらに、いつも涙で濡れているので、水分、温度、栄養があるという、細菌やウイルスの繁殖に最適な環境 を提供しています。

結膜炎は眼球の表面に付着している結膜の病気ですから、ひどくなっても眼球内部に変化は起こらず、失明することはほとんどありません。
しかし、結膜炎に合併症が起きると視力に影響が残るケースもあります。
例えば混合感染は、いったん結膜炎になると、正常な結膜に備わっている感染防御機能が働かず、新たな細菌に感染することがあります。
角膜混濁の場合、角膜の表層部分は結膜とよく似た性質のため、強い結膜炎になると混濁を作ることがあります。
また、混合感染のようなとき、まれに角膜の濁りで視力障害が残ることもあります。
結膜に強い炎症が起きると、それが治ったあとも涙の分泌が少なくなることなどから、ドライアイになることもあります。
このような合併症を起こさないためにも、結膜炎をあまく考えずに、早めにきちんと治しましょう。 結膜炎には感染するものと感染しないものがありますので、医師の診断をしっかり受けた方が良いでしょう。

花粉症

花粉症は、花粉によって生じるアレルギー疾患の総称であり、主にアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎が生じます。
花粉が鼻に入ると、直後にくしゃみ、鼻汁が生じ、少し遅れてから鼻づまりが起こります。
このときの鼻の粘膜は、かぜに近い赤い色の粘膜の腫脹を起こします。
このため、初めて花粉症になったときには、検査をしなければ、かぜと間違う場合もあります。 
目に花粉が入ると早くから目がかゆくなり、涙が流れ、目が充血してきます。
症状が強いときは、鼻で吸収されなかったスギの抗原成分が鼻から喉へ流れ、喉のかゆみ、咳を生じます。また鼻づまりによる頭痛、鼻や喉の炎症反応による微熱、だるさなどの症状に悩まされます。 
家の中にいるときなど、花粉がない状態でも症状はありますが、多くは花粉の繰り返しの吸入による鼻づまりの症状が主体です。

アレルギーの細胞から放出されるロイコトリエンなどの物質が神経や血管を刺激するために症状が現れます。
鼻の粘膜の知覚神経が刺激されるとくしゃみが起こり、その反射で鼻汁が出ます。
鼻づまりは、血管の拡張と血管からの水分の放出により鼻が腫れるために起こり、目のかゆみはヒスタミンなどが神経を刺激するために起こります。

花粉が目に入ると 結膜でアレルギー反応を起こしますが、まぶたの結膜で、より反応が生じやすくなっています。
ここにはアレルギーの原因の細胞をはじめとする多くの細胞がやってきます。
結膜表面を被う涙液で、表面の花粉から抗原が溶け出します。これにより結膜での初めのアレルギー反応が鼻と同じように生じ、目のかゆみ、なみだ目を引き起こします。

ドライアイ

ドライアイとは、涙の量が少ないために、目の表面が乾燥し、結膜が充血したり、角膜に傷がついたりする状態です。
また、最近ではパソコンなどを用いて作業をするため、目の疲れとして感じる人も多くみられます。

ドライアイになる最初の原因は眼球表面の涙液の量が減ることですが、それには涙液の分泌の低下と、涙液の蒸発が多くなることの二つが影響しています。
その背景として、主に次のような要因があげられます。

◆空気の乾燥…空気が乾燥していると、目の表面から涙液が蒸発しやすくなります。
このためドライアイの人の多くは、秋から冬にかけての季節の変わりめに症状が強くなります。
本来は湿度が高い夏場も、クーラーの利いた部屋にいると目が乾きます。

◆瞬きが少ない…意識しなくても、ふつう3秒に1回ぐらい瞬きをしますが、なに かに集中していると、瞬きの回数が減ります。
例えば読書で6秒に1回ぐらい、パソコン操作で十数秒に1回程度になります。
その結果、涙液の蒸発が進む反 面、分泌は低下し、涙の膜が途切れてしまいます。
最近はパソコンや携帯電話などの普及により、VDT症候群と呼ばれる状態の人が増えています。

◆瞬きが不完全…瞬きの瞬間しっかりまぶたを閉じていない人がいます。
そのため、瞬きをしても眼球表面の下の方はいつも潤わないことになります。
眠っているとき薄目を開いている人や、コンタクトレンズをしている人に多い傾向があります。

◆コンタクトレンズの装着…コンタクトレンズが水をはじくために、目が乾燥することがあります。
また、角膜が覆われてその感度が鈍くなることや、瞬きが不完全になることで、涙の分泌が低下します。
レンズの汚れや傷が涙の膜を不安定にしたり、結膜のムチン分泌を低下させることもあります。 目がごろごろする、充血している、目が疲れているなど、目に違和感がある方ははっきりとした自覚症状がなくともドライアイかもしれません。 重症の場合は、痛みや視力の低下を招くこともありますので、早めの治療をおすすめします。
  • ごあいさつ
    ごあいさつ

    2013年2月4日(月)港区浜松町(浜松町駅・大門駅直通)にて、野上眼科を継承し、 「世界貿易センタービル眼科」を開院いたしました。 当院は、身近な眼の病気やお困り事をいつでもお気軽に相談して頂ける、 そんな街のホームドクターでありたいと考えております。
    ごあいさつへ

  • コンタクトレンズ処方
    コンタクトレンズの処方

    コンタクトレンズが高度管理医療機器というものに指定されていることをご存知ですか?
    コンタクトレンズは医療機器であって、副作用や機能の障害を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものです。
    コンタクトレンズ処方へ

  • 目の病気Q&A
    目の病気Q&A

    世界貿易センタービル眼科に寄せられた、ご質問です
    何か気になることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
    目の病気Q&A

  • 医院案内

    地図

    世界貿易センタービル眼科
    〒105-6114
    東京都港区浜松町2-4-1-14F
    浜松町駅 大門駅から徒歩0分
    御成門駅より徒歩15分
    TEL 03-3435-5712
    医院概要へ

  • 診療時間

    アクセス

    午前:月~金 10:00~12:30
    (最終受付12:30)
    午後:月~金 14:30~17:30
    (最終受付17:30)
    休診日 土・日・祝日